119番のかけ方

119番のかけ方

まずは、落ち着いて119番にダイヤルします。

119番手順

火災 救急 救助
受付員「場所はどこですか?」
あなた「○○町○○番地の○○宅です。○○(目印になるもの)の近くです。」
何が燃えているか? どうしたのか? どのような事故か?
逃げ遅れた人は? 意識呼吸はあるか?
けが人はいないか? 年齢と性別は? けが人は何人か?
今かかっている病気は?
受付員「あなたの名前と電話番号を教えてください。」
あなた「私は○○です。電話番号は○○−○○○○です。」

受付員が上記のようなことをお聞きします。わかる範囲でお答えください。

 

FAX119番通報

FAXも119で通報できます。
FAX119は、音声による119番通報が困難な場合に利用できる通報システムです。

FAX119番手順

  1. あらかじめ用意しておいたFAX送信用紙に「火災・救急・救助」の種別をチェックし、必要事項を記入
  2. 119番で用紙を送信
  3. 送信できたら消防署からのFAX返信を待つ
  4. 消防署からFAX119通報を受信し、出動したことを送信します

記入用紙(白紙)と記入例 fax119

 

多言語電話通訳業務の開始

  当組合消防本部におきましては、国の推進事業に基づき、観光目的の来日外国人や地元の企業等で就労している日本語を話せない外国人の方に対し、119番通報及び災害現場活動時等において、電話通訳センターを介した同時通訳サービスのシステムを導入しました。

1 運用開始日時
  令和2年7月1日(水曜日) 午前0時から

2 対応言語
 ※ 対応言語:5言語(英語・中国語・韓国(朝鮮)語・ポルトガル語・スペイン語)
 ※ その他の言語に対しては、通訳業者が可能な限り対応します。

3 三者間同時通訳の流れ (総務省消防庁HPより)