急な病気やケガで救急車を呼ぶかどうか迷ったら?

全国版救急受診アプリ 「Q助」
該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応(「今すぐ救急車を呼びましょう」「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」又は「引き続き様子をみてください」)が表示されます。
 全国版救急受診アプリQ助は、病気やケガをした場合に「病院を受診した方がいいのか?」「救急車を呼ぶべきなのか?」などで迷ったときに、皆様の判断の一助となることを目的に作られたものです。
 国において日本救急医学会観衆のプロトコルを基に作成されたスマートフォンアプリですので安心してご利用ください。
~尊い命を1人でも助けるために、これからも救急車の適正利用にご協力をお願いします。~

新型コロナウイルス感染症に関する対応について(業務再開)

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、制限しておりました当消防本部の一部業務について、令和2年6月19日(金)から「3つの密」にならないよう配慮したうえで、避難訓練立会指導、防火・防災講習会、救急法講習会等の実施を再開させていただきます。
 なお、今後の状況により再度制限を設ける場合がございますので、詳細につきましては、消防署へお問い合わせをお願いいたします。

 業務制限の間、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。
 ご理解ご協力ありがとうございました。

【問合せ先】
 消防本部予防課     (0893)24-2667
 大洲消防署本署     (0893)24-0119
 大洲消防署長浜支署   (0893)52-0119
 大洲消防署川上支署   (0893)34-2851
 内子消防署本署     (0893)43-0119
 内子消防署小田出張所  (0892)52-3292

消毒用アルコールの取扱いにご注意ください!!

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、消防法に定める危険物に該当する消毒用アルコールを使用する機会が増えています。
 消毒用アルコールは火気により引火しやすく、また、アルコールから発生する可燃性蒸気は空気より重く、低いところに滞留しやすいため、火災予防上の注意が必要です。

① 消毒用アルコールの安全な取扱いについて

② 危険物に該当する消毒用アルコールの貯蔵・取扱いについて