止 血 法

○大人の体内には、4~5リットルの血液が流れています。

○そのうち
20%が急速に失われると出血性ショックという重要臓器への
 血液循環が不足した状態となり、
30%以上の出血では生命に危険を及
 ぼすと言われています。

○したがって出血量が多いほど、迅速な止血処置が必要です。

直接圧迫止血法

○清潔なガーゼやハンカチなどを傷口に当て、手
 で圧迫する。

○大量の出血で、片手で圧迫しても止血できない
 場合は、両手で体重を乗せながら圧迫する。

○以上の処置のうえ、傷口を
心臓より高い位置
 上げる。

※感染防止のため、ゴム手袋などを利用し、血液
 に直接触れないよう注意する。

○切断している場合や、大量の動脈性出血などの
 場合、上記の
直接圧迫止血では困難な場合
 用いる。

○止血帯が装着できる部位は、上肢では上腕部、
 下肢では大腿部のみである。

※止血帯は
3cm以上の幅のものを用いる。

※止血帯の装着時間を記録しておき、
30分経過
 
ごとに、数分間止血帯を緩め、末梢への血流の
 再開を図り、再度緊縛する。

大変! 大量の出血が・・・
止 血 帯 法

上に戻る

止血処置の主なものは、下記のとおりです。

しけつたいほう

ちょくせつあっぱくしけつほう